MAKAN-魔鑑

貴女という名の魔術鑑定

魔女狩り

78 views
約 3 分
魔女狩り




黄色の少女
赤の少女
黒の少女
白の少女

皆、素晴らしい色を持つ。
皆、笑顔で遊ぶ無邪気な心

黄色の女
赤の女
黒の女
白の女
皆、素晴らしい「とげ」を持つ。



一人の女が司祭に問いかける
とげは、「悪魔」と戦うためにあるのですか?

いいや・・・違う。
とげは「違い」を封じ込めるためだ。

女が司祭に問いかける
違いが「悪魔」に転じてしまうのですか?

いいや・・・違いそのもの“が悪魔なのだ。

違いが悪魔なら・・・・目の前の司祭も悪魔では?
疑問はつのるが・・・今日のことは忘れ、明日も勤勉に働こう。
私には、かわいい娘がいるのだから・・・。そう、「花の色分け」が大切な私の仕事。

数ヶ月経ち、
二番目の女が司祭に問いかけた
何故なのか?と。

司祭は語りかける。ゆっくり諭すように。「お前は前もここに来た女であろう」
「既に答えは教えてあるはず。無駄な時間は割かず、かわいい子供のため、働くがよい」

いいえ、私は前の女などではありません。司祭様にお会いするのは始めてです。

「嘘をつくのは止めておきなさい。」
「お前は以前と同じ色の女ではないか。」

同じ色でも違う女なのです。司祭様。

「お前には私の慈悲が解らないのか・・・いつも皆を大切に想う私の慈悲が・・・」

仕方なく、家路へと急ぐ女。

数日後・・・「大切なニュース」が流れる。
二番目の女が、嘘つきの大罪により捕られ処刑された・・・。
そう、「処刑ニュース」は皆を守るための、大切なニュース。
EYE PCの時計は、2100年を表示する。

ニュースでは、司祭が慈悲を語りかける-正義という名の慈悲。
今日のテーマは、「歴史の教訓」

「魔女狩りというものが遥か昔にあったことをご存知ですか?司祭様。」

ああ、知っているとも。私の遠い祖先は、魔女狩りにされるところだったのだ・・・。

「大変な目に遭われたのですね」
「ところで、何故、魔女狩りに・・・。歴史に学びたいと思います」

確か・・・そう、確か「肌が日に焼けたため」だったような・・・。

最初の女“は心より祈り始める 「二度と太陽が昇りませんよう・・・」
そして・・・最初の女の大切な娘、地球の子供達、全てが闇に消えていく・・・。

「沈黙」という名の優しさと共に。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Comment On Facebook