MAKAN-魔鑑

貴女という名の魔術鑑定

魔鑑-Touch of Evil

208 views
約 4 分

魔鑑-Touch of Evil 計360分  1回90分×計4回受講 ※2名様までの同時参加OK

・ 1回の受講時間 90分

Touch of Evil-全9章 Contents

親、世間に叱られすぎ・管理されすぎて苦しんで来た人を開放する魔術です。

Touch of Evilは、PartⅠ.~Part Ⅸ. Light after darkness. ~闇の後に光あり。
の、全9章を受講する、「受講型魔術」です。ここでは、PartⅠ.の内容を少しだけご紹介しましょう。

Part Ⅰ. 
Prologue~自己の「邪悪」に触れる瞬間

私たち「人間」は、物心つき始める頃に「親」、もしくは、親代わりになって育ててくれる大人たちから必ずといっていいほど、教えられ(叱られ?)始める。

○○してはいけません!○○と言ってはいけません!と。
それは、あたかも選挙中の候補者スピーチのように何度も何度も繰り返され、伝えられる。

なぜ親たちは、スピーチに夢中になるのだろうか?

人は「言語」と「行動」によって、社会と関わり生活していくので、親としては、いの一番”に、
子どもたちが、社会に出た際に仲間たちとうまく馴染めるよう、軋轢が生じないよう、工夫をしている。
工夫=教育 とも呼べるもしれない。

そして・・・・あなたが産まれてから30年が経っていた。

幼い頃から親が教えてくれた 「工夫」 のおかげで、あなたは社会に馴染みながら毎日を生きている。青春時代に恋をし、希望の会社への就職もやり遂げた。仕事にもかなり慣れて来たあなたは、「今日この頃の毎日」に特には不満は無い。が、未来への希望もさほど多くは持てないでいる。

そして・・・な ・ ん ・ と ・ なく。
自分の人生を生きてはいない感覚が、時々あなたを憂鬱にさせている。

1日の仕事を終えお風呂から上がった後、フルーツジュースを口にし、心の中でつぶやく・・・
「あ~美味しい。今日は無事に終わった。」と。その後、ふとした瞬間に自己問答が開始される。
私は・・・我慢して生きているのでは?
私の生活は・・・不自由なのでは?と。
                                                         
そう、あなたの中の「もう一人の自分」は、
いつもいつも、「もやもやな想い」を口にしている。
                                                          
そして、1週間前の事をあなたは思い出し始めていた・・・。
職場で上司 「U」 とのトラブルがあり、怒りが爆発しそうになった時の事だ
さんざん口論した後、うつむきがちにあなたはUにこう告げる。
「今後は、Uさんの意見も聞き入れることにします。私なりにではありますが」

今、フルーツジュースを飲みながら思い出している・・・・。
あの時、自分が発した言葉は、「私になりに」だった。そう、「私になりに」だった。

心の中でニ度繰り返した後、何故か母親の顔が脳裏によぎる。
なぜなのだろう?なぜ母が。そう・・・母は、あなたが「邪悪に触れる」事を決して許しはしない。

もう一人のあなたは、上司Uと揉めた際に、こう叫びたかった。
「あなたみたいな馬鹿な上司は見たことがないわ!ほんと、程度が低いし差別的!
あなたみたいな人は○んでしまえばいいのよ!」と。

これこそ、あなたが「自己の邪悪に触れた」瞬間だ。素敵な人生の瞬間である。
貴女はPart Ⅷ.「邪悪を活かして幸運を掴む」を終えた頃、その事を実感するだろう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Comment On Facebook