MAKAN-魔鑑

貴女という名の魔術鑑定

予言者

779 views
約3分
予言者




幸せの創造者は、意識し人々を励まし。
不幸の予言者は、無意識に人々を恐怖の底に突き落とす。

予言。
それは甘美で、洗練された、知的な響き。

予言。
それは、この世の「神秘」
そこでは、どんな評価も優劣も、嫉妬さえもが許される

「あなたの将来のため、予言しましょう。」
「皆のため、予言しましょう。」
「世界のため、予言しましょう。」

予言・・・それは、優しく親切。
予言・・・それは、責任の仮面をかぶった「無責任」でもあるのだ。

予言・・・行動の無い魂。
予言・・・悪夢を心待ちにする魂。
予言・・・運命にひれ伏した魂。



「幼い足」が吹き飛ばされようが、「幼い目」が暗闇に突き落とされようが、そんなこと、知ったことでない。
大切なのは、予言通りの現実が起こるかどうか。

予言が当たれば、知的で雄弁な「知恵者」なのだよ!
予言は、世界中の友であり、友情であり、頭脳なのだよ!

予言のない母の抱擁、予言のない父の勇気、
予言のない民(たみ)の必死の行動。

そんなもの、どれほどの価値があるものか!
予言こそ、世界に模範を示す根源の法則なのだ!

予言!声高らかに、叫ぼうぞ!
さあ!平和のために、私に続いて皆も!


予言者よ、お前に問いたい。
お前は~空を。海を。風を。大地を。でなく、何故人々の未来ばかり予言する?

予言者よ、お前に問いたい。
お前は~未来の為と言いながら、何故、シャツを脱ぎ捨てようともせず、
毎日心地のよい椅子に座るのだ?

予言者よ、最後にお前に問いたい。
お前の未来は、誰が予言してくれるのだ?
お前は、自分の未来がわかるのか?




ああ、すまない。忘れていたようだ。
古来より予言者は、「自分の未来は予言しない」こと・・・らしいな。

そりゃ、そうだろう。予言の必要も無い。
お前の未来には、「ありがたい予言」が当たった世界が待っているのだから・・・・

その時、知るがよい。
一人の母の生命を賭した行動を。
その時、知るがよい。
武器も持たず、シャツを脱ぎ捨て「魂」で戦った父の威厳さを。


その時、知るがよい。
半きれしかないパンを妹に全て差し出す、姉の「慈悲心」を。
そして、知るがよい「生命の大切さ」を。


なぁ、、予言者よ、私にも予言をさせてくれないか?
なぁ、いいだろう?才能もない私だけども、1回だけなら。
じゃあ、いくぞ、人生1度きり“の大予言だ!

予言-「私も。そして・・・お前も。いずれこの世を去る時が来るのだよ」

そのとき、涙を流す人々がお前の脳裏を駆け巡るだろう・・・・。
そして、もしや・・・私もお前の脳裏に入っていくかもしれまい。

そう、この私も。

お前・・・顔色が悪くなってきたぞ。大丈夫か?
今、なんと言った?何?「そんな最期は嫌だ・・・。」って?

心配するな、いい方法を教えてやろう。
お前の予言通り、世界が変わり果てるのは未だ先・・・予言だからな。
では、今、ここでお前が「命を落とす」ってのはどうだ?未来を待たなくていい。名案だろ!

でもな・・・俺は困るんだ、お前が死んでしまうのも。
今、俺の胸の奥底から「声」がしているんだ。そう、予言者の声が。
お前の命も、無垢な子供の命も同じ「宝」だってさ・・・。

そう、「声」が予言してくれているんだよ・・・・不思議だろ。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Comment On Facebook