MAKAN-魔鑑

貴女という名の魔術鑑定

オーラルセックスの心理学

62 views
約 2 分
オーラルセックスの心理学

いくつかの論理、とくに心理学の領域で展開されてきた理論によると、幼少期に形成され、成人後の行動に影響しているであろう口唇への執着を満たすものが、 オーラルセックスだという。フロイトは、オーラルセックス(ならびにキスと愛撫)を、母の胸に抱かれ授乳された喜びとの再結合を求める、 成人による性的な実践と定義した。

恥毛にはフェロモンが付着しているので、愛人(愛している人の意)のフェロモンを吸いたいという無意識の欲求からオーラルセックスをするのだ。 フェロモンは性器付近にかなり集中していて、鋤鼻器官を近づけるためには、そこに鼻をすりよせるしかない。

膣液は歴史的に誘惑の儀式に組み込まれてきた。古代エジプトや18世紀フランス女性は外陰部に亜麻布の袋をあてがっておき、膣の分泌物の匂いを染み込ませた。 その袋を利用して、男性の注意を引いたという。フランスの娼婦は膣液を耳の裏に塗りつけ、通りすがりの男をベッドに誘い込んだ
掲載情報は、すべて、出版社に許可を得ています。 「草思社」様、ご協力に感謝いたします!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Comment On Facebook